霊園は意外と費用がかかる|コストを下げるには

男性

料金システムを確認しよう

亡くなった親族の家を片付ける時には、富山の遺品整理業者に依頼するのも1つの方法です。その際は、業者の料金システムをあらかじめ確認した上で依頼すれば、コストを抑えることができますし、料金面の心配もありません。

生前にできる事とは

葬式

高齢化が進む現代、自分の最期を計画する終活が注目を集めています。遺産相続や遺品の整理など、自分の死後について考える活動です。家族に負担を掛けずに済むので、終活をしようとセミナーに参加したり、終活をサポートしてくれるサービスを利用する人が増えています。

自分だけでは行えない時に

葬儀

身内が近場にいないという人には、葬儀代行サービスが人気です。特に東京のような、親せきが側にいない家族にとって、葬儀を取り仕切ってくれる葬儀代行サービスを利用することは、肉体的にも精神的にも負担を減らすことに繋がります。特殊な葬儀にも対応してくれるので、安心して任せられるでしょう。

共同墓地のシステムとは

手を合わせる人

共同墓地を利用するとき

霊園は永代使用料や管理料を支払って利用する墓地のことで共同墓地や公園型墓地などと呼ばれることもあります。霊園は永代使用料を払って土地を借りお墓を購入し建てるシステムになっており、永代使用料で土地を購入できるわけではありません。つまり、土地を借りものでお墓だけ自分の所有という仕組みになっているのです。永代使用料を払うのですから借りた土地を自分の子供や孫が引き継ぐことができます。お墓を建てるというと土地も自分の所有になると思いがちですが霊園のシステムとは違いますので注意が必要です。東京は土地が狭いこともあり千葉で霊園を探す方が増えています。千葉には公営と民営の霊園が多数ありますが、公営霊園は千葉の各市町村が管理運営しているので申し込み条件があります。また、募集枠が少ないので抽選応募となりますので、申し込みするときは各市町村役場に問い合わせが必要です。民営の霊園は民間会社や宗教法人などが管理運営しており、千葉以外の方でも申し込むことができます。宗教法人が管理運営していても、宗教や宗派、お墓の形や高さなども自由で制限はありません。民営霊園でお墓を建てるときは、指定の石材店の中からお墓を選んで建てる仕組みになっています。石材店のお墓代金と永代使用料をセット販売しているところもありますので霊園に問い合わせてみましょう。霊園を購入する時は事前に現地へ行ってみて雰囲気や設備、交通の便などの確認をお勧めします。